FROM CACHE - jp_header

admin api の安全なバージョンアップ方法について

admin api の安全なバージョンアップ方法について

yuske
Shopify Partner
1 0 0

最近参画したプロジェクトでshopifyアプリを保守・運用を引き継ぎました。

去年作成されたアプリの中で、admin api を呼び出している箇所があります。

restとgraphqlどちらも使用しています。

 

 

 

const graphql_request = require("graphql-request");
const client = new graphql_request.GraphQLClient(`https://${shop}/admin/api/2022-04/graphql.json`, {
        method: "POST",
        headers: {
            "Content-Type": "application/json",
            "X-Shopify-Access-Token": accessToken,
        },
    });

 

 

 

こんな感じで使用しています。

2023-07 バージョンに上げたいのですが、本番とテスト用の環境が切り分けされておらず、どうしたものかと悩んでおります。

 

今後も定期的に発生するので、ベストプラクティスがあれば教えていただければと思います。 

1件の返信1

ogasawarakyohei
Shopify Partner
114 44 41

Shopify Admin API以外の構成がわからないので回答が難しいですが、Shopify Admin APIの考慮だけよく、ローカルで動かせる状態なのであればテストストアを使ってテストすればいいと思います。

 

理想的にはテスト環境とテスト用アプリを用意して、テスト環境で動作することを確認するステップまで含めるのがよいかなと思います。

小笠原 京平 | 株式会社Tsun | RuffRuff アプリ
・私の回答が役に立ったら、いいね! ボタンをクリックして教えてください!
Shopify 開発で役に立つ情報を発信していますので、テックブログおすすめ Shopifyアプリ もぜひご参照ください。