FROM CACHE - jp_header
解決済

admin rest apiを利用して customer metafieldを更新したい

SIN_88
Shopify Partner
4 0 0

タイトルの通り、admin rest apiを利用して customer metafieldを更新したいです。

レスポンスは200で返ってきていますが、レスポンスのオブジェクトにもmetafieldsは含まれていませんでした。
また、下記のエンドポイントにも臨むmetafiledが取得できません。
https://{{ shop name }}/admin/api/2023-01/metafields.json
 下記エンドポイントにてupdateを試みたのですが、更新ができませんでした。
なにか設定などが必要になるでしょうか。
どうぞよろしくお願いします。
 
エンドポイントhttps://{{ shop name }}/admin/api/2023-01/customers/{{ customer.id }}.json
Webhookのバージョン2023-01
Admin APIアクセススコープwrite_customers、 read_customers

 

const requestHeaders = {
  'X-Shopify-Access-Token': accessToken,
  'Content-Type': 'application/json',
};

const Payload = {
  customer: {
    first_name,
    last_name,
    metafields: [
        {
          key: metafieldKey_01,
          value: newValue,
          value_type: 'single_line_text_field',
          namespace: metafieldNamespace_01,
        },
        {
          key: metafieldKey_02,
          value: newValue,
          value_type: 'single_line_text_field',
          namespace: metafieldNamespace_02,
        },
    ],
  },
};

const updateCustomer = (payload) => {
  fetch(ApiUrl, {
    method: 'PUT',
    headers: requestHeaders,
    body: JSON.stringify(payload),
  })
    .then((response) => response.json())
    .then((data) => console.log(data))
    .catch((error) => console.error(error, payload));
};
1 件の受理された解決策

Tomoyuki_K
Shopify Partner
38 11 31

成功

最近解決したので、返信させていただきます。

メタフィールドを作成すると、ユーザー x メタフィールド ごとに固有のIDが生成されるので、それを一緒に送ると更新されました。

注意点は、メタフィールドの定義IDではなく、各ユーザーに紐づいたメタフィールドIDになります。

 

このIDを画面上で確認するのは難しいので、liquid などでユーザーのメタフィールドを表示させれて合わせてIDを出すとわかるかと思います。

 

        {
          id: ${number}
          key: metafieldKey_02,
          value: newValue,
          value_type: 'single_line_text_field',
          namespace: metafieldNamespace_02,
        },

 

元の投稿で解決策を見る

3件の返信3

株式会社フルバランス
Shopify Partner
1523 545 685

SIN_88 様

 

お世話になっております。

customerのメタフィールドの更新ですが、以前私もやったことがありました。

そのとき、メタフィールド内の更新できるときとできないときがありましたので、ご参考までに。

 

・更新できるとき

→メタフィールドが空のとき、更新してデータをいれることができました。

 

・更新できないとき

→メタフィールドになにかの値が入っているとき、更新できませんでしたが、200のレスポンスが返ってきました。

 

直接Shopifyに確認はしておりませんが、上記のような仕様かなと思いました。

この仕様からメタフィールドが使えなかったので、customer.noteとcustomer.tagsで代用しました。

 

なにかヒントになれば幸いです。

株式会社フルバランス(Shopify Experts)
Shopify専門のEC成長支援会社です。ストアの新規構築から運用や改善のサポートなどShopifyに関する幅広いサービスを行なっております。
ECの技術・実務・成長、お悩みのことがあれば、お気軽にご相談ください。
『すべてのブランドの特大成長エンジンを搭載する』 株式会社フルバランス
SIN_88
Shopify Partner
4 0 0

株式会社フルバランス様

 

ご返信ありがとうございます!

ご回答の通り最初からの状態でAPIを叩いたところ確かに更新ができ、二度目はできない状態になりました。

こちらの仕様の旨よくわかりませんが現状理解いたしました。

 

ありがとうございました!

Tomoyuki_K
Shopify Partner
38 11 31

成功

最近解決したので、返信させていただきます。

メタフィールドを作成すると、ユーザー x メタフィールド ごとに固有のIDが生成されるので、それを一緒に送ると更新されました。

注意点は、メタフィールドの定義IDではなく、各ユーザーに紐づいたメタフィールドIDになります。

 

このIDを画面上で確認するのは難しいので、liquid などでユーザーのメタフィールドを表示させれて合わせてIDを出すとわかるかと思います。

 

        {
          id: ${number}
          key: metafieldKey_02,
          value: newValue,
          value_type: 'single_line_text_field',
          namespace: metafieldNamespace_02,
        },