FROM CACHE - jp_header
解決済

SearchConsoleへの対応 URLパラメーター大量発生

sati_mc
観光客
6 0 1

知識が無いので、お助けいただけますと幸いです。

 

テーマ・デザインを変更後、SearchConsoleに ”代替ページ(適切な canonical タグあり)”と”クロール済み - インデックス未登録” が大量に発生しており、対応方法を知りたいです。

商品ページの約2-2.5倍分くらいのページが生成されており、対応に困っています。

※テーマをCanopyへ変更したところ、発生する様になりました。

 

該当なるページのURL末尾には?pr_prod_strat=collection_fallback&pr_rec_id=○○○○&pr_rec_pid=○○○○&pr_ref_pid=○○○○&pr_seq=uniformというパラメーターになっています。 ○○○○の部分は固有の数字が入っています。

コレクションから商品ページへの流入するためのページのことでしょうか?

 

テーマ導入を外部のデザイナーに任せており、詳細が分からないので、お詳しい方教えて頂けますと幸いです。

1 件の受理された解決策

kyoshi_株式会社Tsun
Shopify Partner
173 61 44

成功

はじめまして

株式会社Tsunの吉谷と申します

 

 

テーマ・デザインを変更後、SearchConsoleに ”代替ページ(適切な canonical タグあり)”と”クロール済み - インデックス未登録” が大量に発生しており、対応方法を知りたいです。

 

実際にサーチコンソールを見ないと正確な回答が難しいのですが、そこまで致命的な問題ではないと考えています。

canonicalタグが正常に機能しており、重複コンテンツを正常に除外できているのだと考えています。

 

canonicalは「重複するコンテンツを正規化する」ために使われるタグで、

「下記のサンプルURL一覧のコンテンツは全て https:// xxxx.shop と同じコンテンツですよ」と検索エンジンに知らせるためのものです。

 

(サンプルURL一覧)

https:// xxxx.shop

https:// xxxx.shop?pr_prod_strat=collection_fallback

https:// xxxx.shop?pr_prod_strat=collection_fallback&pr_rec_id=○○○○

https:// xxxx.shop?pr_prod_strat=collection_fallback&pr_rec_id=○○○○&pr_rec_pid=○○○○  

 

 

重複コンテンツは検索順位を下げる要因になりますので、

検索エンジンにサンプルURL一覧のパラメータ付きURL(重複コンテンツ)がインデックスされしまう方が問題となります。

 

 

該当なるページのURL末尾には?pr_prod_strat=collection_fallback&pr_rec_id=○○○○&pr_rec_pid=○○○○&pr_ref_pid=○○○○&pr_seq=uniformというパラメーターになっています。 ○○○○の部分は固有の数字が入っています。

コレクションから商品ページへの流入するためのページのことでしょうか?

 

(Canopyは利用したことがないので推測ですが)パラメータは「何経由で?何の絞り込みで?何の検索キーワードで?何ページ目の何番目の?」などの情報ではないでしょうか。もし、そうであればお客様の行動分析に活用できると思います。

 

以上になります。

ご参考になりましたら幸いです。

株式会社Tsun
RuffRuff 注文制限RuffRuff 予約販売などのShopifyアプリを提供中 / おすすめ Shopifyアプリおすすめ 予約販売アプリも紹介中
株式会社TsunはShopifyストアの構築からグロース支援まで行うコマースソリューションパトナーです。

元の投稿で解決策を見る

3件の返信3

kyoshi_株式会社Tsun
Shopify Partner
173 61 44

成功

はじめまして

株式会社Tsunの吉谷と申します

 

 

テーマ・デザインを変更後、SearchConsoleに ”代替ページ(適切な canonical タグあり)”と”クロール済み - インデックス未登録” が大量に発生しており、対応方法を知りたいです。

 

実際にサーチコンソールを見ないと正確な回答が難しいのですが、そこまで致命的な問題ではないと考えています。

canonicalタグが正常に機能しており、重複コンテンツを正常に除外できているのだと考えています。

 

canonicalは「重複するコンテンツを正規化する」ために使われるタグで、

「下記のサンプルURL一覧のコンテンツは全て https:// xxxx.shop と同じコンテンツですよ」と検索エンジンに知らせるためのものです。

 

(サンプルURL一覧)

https:// xxxx.shop

https:// xxxx.shop?pr_prod_strat=collection_fallback

https:// xxxx.shop?pr_prod_strat=collection_fallback&pr_rec_id=○○○○

https:// xxxx.shop?pr_prod_strat=collection_fallback&pr_rec_id=○○○○&pr_rec_pid=○○○○  

 

 

重複コンテンツは検索順位を下げる要因になりますので、

検索エンジンにサンプルURL一覧のパラメータ付きURL(重複コンテンツ)がインデックスされしまう方が問題となります。

 

 

該当なるページのURL末尾には?pr_prod_strat=collection_fallback&pr_rec_id=○○○○&pr_rec_pid=○○○○&pr_ref_pid=○○○○&pr_seq=uniformというパラメーターになっています。 ○○○○の部分は固有の数字が入っています。

コレクションから商品ページへの流入するためのページのことでしょうか?

 

(Canopyは利用したことがないので推測ですが)パラメータは「何経由で?何の絞り込みで?何の検索キーワードで?何ページ目の何番目の?」などの情報ではないでしょうか。もし、そうであればお客様の行動分析に活用できると思います。

 

以上になります。

ご参考になりましたら幸いです。

株式会社Tsun
RuffRuff 注文制限RuffRuff 予約販売などのShopifyアプリを提供中 / おすすめ Shopifyアプリおすすめ 予約販売アプリも紹介中
株式会社TsunはShopifyストアの構築からグロース支援まで行うコマースソリューションパトナーです。
sati_mc
観光客
6 0 1

株式会社Tsun 古谷様

 

ご連絡ありがとうございました。

また、ご丁寧に教えて頂き、ありがとうございます。

 

デザイン・テーマを変更した途端に大量のエラー報告が上がってきたので対応に苦慮しておりました。

ありがとうございました。

Jizo_Inagaki
Shopify Partner
1044 391 706

すでに解決済みなので不要かと思いますが、一応以下記載します。

 

下記が類似の質問だと思われますので参照ください。

https://community.shopify.com/c/ecommerce-marketing/weird-url-adding-in-google-search-console/td-p/1...

※noindexやrobots.txtに対する作業を推奨する意図はありません。

 

上記を踏まえると下記が該当とすると思います。

https://help.shopify.com/ja/manual/online-store/themes/themes-by-shopify/vintage-themes/customizing-...

上記に関係するセクションか設定は、テーマエディタで商品詳細ページのテンプレート編集画面にあるはずなので、そちらで該当箇所を非表示にできると思います。

該当箇所がわからない場合は、テーマのドキュメントを読まれたり、テーマ開発側のサポートに質問することをお勧めします。

 

Googleのインデックス経路に関しては以下などを参照ください。

https://developers.google.com/search/docs/crawling-indexing?hl=ja

 

 

以上ですが、対象が間違っている場合は申し訳ありません。

Jizo_Inagaki | フリーランスのwebデザイナー
- テーマのカスタム承れます。
- 記載した回答で解決できましたらベストソリューションの承認をお願いします。
- DMや指名による対応はご依頼として有料でのみ承ります。