FROM CACHE - jp_header
解決済

下書き注文にREST Admin API で"billing_address"、"shipping_address"の"country_code"と"Province code"が反映されない

APIDev
観光客
6 3 0

ISO準拠とドキュメントにあるので、
日本の岩手なら 

"country_code":"JP",

"Province code":"JP‑03",

となるはずですが・・・
この2つのプロパティだけ下書き注文に反映されません。
"address1": "", ←受渡成功 ●●町●番地
"city": "", ←受渡成功 港区など
"zip": "", ←受渡成功 1080075
"province": "", ←× 失敗 岩手県?IWATE Iwate  記法がわからないので全通り行いましたが失敗。
"country": "", ←× 失敗 日本?JAPAN Japan  記法がわからないので全通り行いましたが失敗。
"address2": "", ←受渡成功 ビル名

"country_code":"JP", ←× 失敗 ドキュメント通りISO準拠しているが・・・が失敗

"Province code":"JP-13", ←× 失敗  ドキュメント通りISO準拠しているが・・・が失敗

この件解決されたことがある方おられますか?
結構、テストし尽くしていて・・・教えて下さい。

Shopifyの オリジナル REST Admin API JSON) で送るってあんまり対応されない事なんでしょうかね?
ISO1366-2の参照図も貼っておきます。
そんなことない・・・と思います。

1 件の受理された解決策

APIDev
観光客
6 3 0

成功

自己解決しました。

公式ドキュメントに"Province code"のアコーディオンで隠れてる説明に、
Two-letterとありました(笑)
しかし、ISO1366-2で県コードは5文字です。(例:JP-03)
国コードでJP使ってるから使わないだろうということなのだと思いますが・・・

draft order に国と都道府県が追加できたOKとNGのケース
---- ※前後のJSONコードは省略
[OKケース]
"country": "Japan",
"country_code":"JP",
//岩手の場合
"province": "Iwate",
"Province code":"03", 
----
[NGケース]
"country": "日本",
"country_code":"JP",
//岩手の場合
"province": "岩手県",
"Province code":"JP-03",
----

ただ、ローカル情報として、岩手なら
"province" は ローマ字 で Iwate
"Province code" は 後方の数字で 03
など例をコメントがあると混乱しないと思います。

 

元の投稿で解決策を見る

1件の返信1

APIDev
観光客
6 3 0

成功

自己解決しました。

公式ドキュメントに"Province code"のアコーディオンで隠れてる説明に、
Two-letterとありました(笑)
しかし、ISO1366-2で県コードは5文字です。(例:JP-03)
国コードでJP使ってるから使わないだろうということなのだと思いますが・・・

draft order に国と都道府県が追加できたOKとNGのケース
---- ※前後のJSONコードは省略
[OKケース]
"country": "Japan",
"country_code":"JP",
//岩手の場合
"province": "Iwate",
"Province code":"03", 
----
[NGケース]
"country": "日本",
"country_code":"JP",
//岩手の場合
"province": "岩手県",
"Province code":"JP-03",
----

ただ、ローカル情報として、岩手なら
"province" は ローマ字 で Iwate
"Province code" は 後方の数字で 03
など例をコメントがあると混乱しないと思います。