improv
Shopify Partner
Contact Me
Status
Offline
Last Activity
‎07-12-2024 04:14 AM
Topic Started
10
Topics Started
Topic Solutions
10
Solutions
Post Count
37
Posts
Post Kudos
6
Likes

Bio: 伊藤佑真 / https://twitter.com/e_hack_tech / フリーランスwebエンジニア / shopifyアプリの開発をしています。https://apps.shopify.com/variation-app / shopifyアプリやシステム開発のご相談はお気軽にDMにて

Community Badges

No content to show

User Activity

上記のコードでも複数呼び出せますが、もし明示的に3つ呼び出したいのなら下記のように書けば表示できるかと思います。{% if order.attributes["ご請求者様 氏名"] != blank or order.attributes["ご請求者様 電話番号"] != blank or order.attributes["ご請求者様 住所"] != blank %} <h3>ご請求者様情報:</h3> <ul style="list-style-type: none; padding...
初めまして。下記liquidのコードを挿入することで対応可能かと存じます。 {% if order.attributes != blank %} <h3>追加情報:</h3> <ul> {% for attribute in order.attributes %} {% if attribute[1] != blank %} <li>{{ attribute[0] }}: {{ attribute[1] }}</li> {% endif %} {% e...
初めまして。下記手順にて作成できましたので共有いたします。 Googleマップのコードの作成Googleマップの縮尺や座標を指定した状態のコードの作成を下記手順で行います:Googleマップで目的の場所を表示:まず、通常のGoogleマップで目的の場所を表示し、希望の縮尺に調整します。埋め込みコードの取得: 左上の三本線メニューをクリックし、「地図を共有または埋め込む」を選択します。 「地図を埋め込む」タブを選択します。埋め込みオプションのカスタマイズ:「小」「中」「大」からサイズを選択するか、...
はじめまして。 main-article.liquid の 277~279行目にある下記コードを削除すればソースからは反映されなくなります。<script type="application/ld+json"> {{ article | structured_data }} </script> しかしながらこちらはJson-ldと呼ばれるものであり単純に削除してしまうとSEOに影響が出る恐れがありますのでご留意ください。https://gmotech.jp/semlabo/seo/blog/...
意図理解いたしました。タグ自体を管理する方法はshopify上にはないので、アプリを入れることになるかと思います。 私が知っているものでは、海外産かつ有料ではありますが「Tag Genie」というアプリがあります。https://apps.shopify.com/tag-genie タグを一覧で見ることができ、それぞれのタグの使用回数を確認することができます。 ご確認のほどお願いします。
初めまして。商品管理ページにて管理ができるかと思います。 1. 商品管理ページに遷移。チェックボックスをクリック 2, 「ストアの全てを選択する」をクリックしてから、「・・・」をクリック 3, 「タグを追加」「タグを削除」という項目があり、目的に応じてクリックしてください  ご参考になれば幸いです。
初めまして。 メタフィールドにより紐づけられた商品や画像は、gidが返却されるのみで、詳細情報を得ることができません。そのため、再度APIリクエストを送って詳細情報を取得する必要があります。 ただし、個別にリクエストを送るのではなく、nodesというクエリを使うことで一度に複数のgidに対して情報を取得することができます。これにより、リクエストの回数を減らすことが可能です。 以下に、nodesクエリを使用して複数の画像と商品の情報を一括で取得する例を示します。 query { images:...
はじめまして。updated_at という変数があります。詳しくは下記ドキュメントをご確認ください。https://shopify.dev/docs/api/liquid/objects/articleご参考までに。
初めまして。 product.selected_or_first_available_variant.featured_mediaは商品のバリアント(サイズや色などの異なるバージョン)が存在していない場合には値が入ってきません。そのため、バリアントがない場合にはproduct.featured_imageを使うようにしてください。また、そもそも商品画像が存在していない商品の場合には、product.featured_imageも存在しませんのでダミー画像(プレースホルダー画像)を用意して、そのU...
はじめまして。 複製コピーしテーマライブラリーに表示されたコピーテーマを使用すれば良いですか?この方法であれば、どんなにliquidコードを編集しても本番テーマに影響する事ないですね? はい、その方法で複製したテーマを編集する限り、本番テーマに影響を与えることはありません。本番テーマに影響があるのは、メインテーマとして設定されているものを編集した場合のみです。また事故防止のため、念のため作業前に「テーマファイルをダウンロード」からメインテーマをローカルに保存しておくことをお勧めします。 
初めまして。liquidのlocalizationオブジェクトを利用すれば、言語によっての分岐が可能です。https://shopify.dev/docs/api/liquid/objects/localization 参考コード: {% if localization.language.iso_code == 'en' %} <p>Welcome to our American store!</p> {% elsif localization.language.iso_code == '...
はじめまして。「折りたたみ可能なコンテンツ」セクションのカスタムCSSに下記コードを入れることで対応可能かと思います。.collapsible-content-wrapper-narrow { max-width: none; padding: 0 5rem; } ご参考までに。
設定 > チェックアウト > マーケティングオプションにて、「あらかじめ選択されている」にチェックが入っている場合に登録済みとなります。  ご参考までに。
初めまして。「オンラインストア」より、「・・・」をクリックし、「デフォルトテーマのコンテンツを編集する」をクリックしてください。  テンプレート文を編集できる一覧ページに移りますので、Post success の欄を編集すればメッセージを変更できます。
初めまして。4行目の {%- if show_country_selector or show_locale_selector -%} の配下に下記コードを挿入すれば実現可能かと思います。{%- if localization.country.iso_code == 'US' -%} {%- assign show_country_selector = false -%} {%- endif -%}ご参考までに。
This widget could not be displayed.
This widget could not be displayed.
This widget could not be displayed.
This widget could not be displayed.